3dプリンターの基礎知識|ラミネートとプリンターのことならプロへ相談【テクニカル業】

3dプリンターの基礎知識

3Dプリンター

3dプリンターってどんなもの?

3dプリンターとは3DCADや3DCGのデータを元にして物を作り出す装置のことを指します。誰でも自分が頭で思い描いたものが形になったらなと考えたことがあるかと思いますが、3dプリンターを使えばそれが実現できるわけです。

まだまだ発展途上

そんな魅力的な3dプリンターですが、まだまだ発展途上で一般的に普及するまでに時間がかかると言われています。とはいえ、実際に3dプリンターを導入し始めている企業は増えてきていますし、アイディア次第では活用方法がどんどん広がっていくでしょう。

3dプリンターを導入するメリット

開発や製作にかかる時間を削減できる

3dプリンターを導入すると金型の製作などが不要になります。3dプリンターと設計用のデータさえあれば金型がなくても試作品をどんどん製作することが可能です。自社で試作品を簡単に製作することにより開発や製作にかかる時間を大幅に削減することが可能になります。

コストを削減できる

3dプリンターを使って自社で試作品を製作できるようになることで外部の企業に発注する必要がなくなり、試作品の開発にかかるコストを大幅に減らすことができます。製造業などにとっては試作品にかかるコストを削減できるのはかなり大きなメリットになりますね。

品質が高まる

3dプリンターを導入すると試作品を気軽に製作できるので、試作品を作り改善点を見つけ改善を行うという部分により時間と手間をかけられるようになります。その部分の密度が上がることで製品の品質がどんどん高まっていきます。

在庫を余分に確保しておく必要がない

これまでは何かあったときのためにそれぞれのパーツや製品を余分に確保しておく必要がありましたが、3dプリンターがあれば余分な在庫を保有しておく必要はありません。データさえあればいつでも製品やパーツを製作することができるので余分な在庫が必要なくなるわけですね。

人気の種類を確認しておこう

3dプリンターを導入するメリットについて紹介してきました。次に人気の3dプリンターについてみていきましょう。3dプリンターにはいくつかの種類があり、特徴や造形方式が異なるので事前に確認しておく必要があります。

3dプリンターの種類

no.1

熱溶解積層型

一番人気の3dプリンターは熱溶解積層型の3dプリンターです。熱溶解積層型の3dプリンターはプラスチックなどの素材を一旦溶かし、造形を行っていきます。熱溶解積層型の3dプリンターは安く導入できるうえに使用する素材も安価なため大変人気の高い3dプリンターです。

no.2

レーザー照射方式の光造形型

次にランクインしたのがレーザー照射方式の光造形型3dプリンターです。紫外線をあびると固まる特殊な素材を使用し造形していきます。光造形方の3dプリンターはその他の3dプリンターに比べ細かな調整が可能になるので、細かな物や複雑な造形物の製作を行うことができます。

no.3

一括面露光方式の光造形型

3位にランクインしたのが一括面露光方式の光造形型3dプリンターです。使用する素材はレーザー照射方式の3dプリンターと一緒ですが、造形のスピードが速いという特徴を持っている3dプリンターになります。

no.4

インクジェット型

インクジェット型の3dプリンターも人気の高い3dプリンターです。3dプリンターで造形物を製作していく場合のサポート材の除去が簡単といった特徴を持った3dプリンターです。

no.5

粉末焼結型

最後にランクインしたのが粉末焼結型の3dプリンターです。粉末状の素材で造形物を製作する3dプリンターで、サポート材が不要という特徴を持っています。

広告募集中